介護タクシー

介護保険を使った介護タクシーの利用について

利用対象

保険適用となる対象者は、自宅などで生活していて、1人でバスや電車などの公共交通機関に乗ることができない要介護1~5の人です。 ※「要支援」と認定された方は利用できません。

サービス利用目的

保険適用の場合「日常生活上または社会生活上必要な行為に伴う外出」と定められており、下記のように利用目的が限定されています。

保険適用となる介護タクシーの利用目的

  • 通院(受診、リハビリ等)
  • 補装具・補聴器・メガネなど本人自身でなければならない調整や買い物
  • 預金の引き下ろし
  • 選挙投票、公共機関における日常生活に必要な申請や届け出

このように、日常生活上または社会生活上必要な行為に伴う外出だけ介護保険が適用され、仕事や趣味嗜好などの目的に利用することはできません。

サービス内容

「通院等乗降介助」のサービスの中身は次の通りです。ただし、介助の範囲はケアプランで決まるため、利用目的をケアマネージャーにしっかり伝えることが大事になります。

出発時

  • 介護タクシーが利用者宅まで迎車
  • 着替えなどの外出準備介助
  • タクシーまでの移動と乗車の介助

運転

  • 目的地までの運転

目的地に到着

  • 降車介助、目的の場所までの移動介助
  • 通院時は受付及び受診科までの移動介助と病院スタッフへの声かけ(病院内介助は病院スタッフの役目とされる)
  • 受診後の会計や薬の受け取りサポート

運転

  • 利用者宅までの運転

帰宅時

  • 降車介助、室内までの移動介助
  • 必要に応じて着替えやおむつ交換など

このように、「通院等乗降介助」は移動と介助の包括的なサービスである点が特徴です。何らかの介助を必要とせず、車両への乗降を運転手が見守るだけでよい場合は、このサービスを利用できないので注意しましょう。

「通院等乗降介助」利用の流れ

最初にケアマネージャーに「通院等乗降介助」を利用できるかどうかを確認します。
利用する場合は、ケアプランに目的地や必要な介助、スケジュールを組み込みます。
ケアマネージャーがコーディネイトした介護タクシー事業者の担当者が利用者宅を訪問しますので、サービス内容を確認したのち、利用者と事業者が契約してサービスが始まります。

サービス利用時の注意点

「通院等乗降介助」を利用するには、他にもいくつか注意点があります。

1. 家族の同乗は原則として認められない

保険適用の場合は、単なる移動手段ではなく介助を行うことが求められています。
そのため、介助ができると考えられる家族が同乗するのであれば、このサービスの利用は必要ないとされます。

2. 身体介護や生活援助のサービスに切り替わることがある

次のようなケースでは、介護タクシーを利用しても身体介護や生活援助という扱いになります。

  • 要介護4・5の場合で外出前後の介助に20~30分以上の時間がかかるとき
  • 外出の前後に入浴や食事介助などで30分以上の身体介護があるとき
  • 外出中に日常生活品の買い物などの生活援助が行われるとき

なお、運転手以外にヘルパーが介護タクシーに同乗する場合は、移動中の介助内容によって「通院等の乗降介助」と判断されるケースと「身体介護」と判断されるケースがあります。
どのサービスとされるかによって、利用するサービスの単位数が異なってきます。

3. 運転手は病院内の付き添いは原則できない

待ち時間を含めて病院内の介助は、原則として病院のスタッフが対応するという考え方があります。
ただし、次のような場合は、例外的に認められるケースもあります。

  • 病院内の移動に介助が必要な場合
  • 認知症そのほかのために見守りが必要な場合
  • 排泄介助を必要とする場合

※こうした病院内介助の判断は、各市区町村の規定や方針により異なるようです。

介護保険を利用した介護タクシーは、以上のようにさまざまな条件があります。
このサービスを利用できるのかどうか、利用したほうがよいかどうかを担当のケアマネージャーによく相談するようにしましょう。

介護保険を利用しない(保険外)介護タクシーの利用

前述した保険適用の介護タクシーは、外出目的や利用条件に制約があるため、使いにくさを感じることがあるでしょう。
そのようなときは、全額自費となりますが、介護保険を使わずに介護タクシーを利用する方法があります。

利用対象

要支援や要介護の高齢者を対象としています。
介護保険外のサービスなのでケアプランを作成する必要もなく、家族の同乗や病院内の介助も可能です。

サービス利用目的

利用目的に制約がないため、介護保険サービスでは適用外だった下記のような利用も可能です。

保険外タクシーは幅広いニーズに対応できる

  • 仕事、習い事、ドライブ、旅行などの趣味や嗜好のための外出
  • 理美容、冠婚葬祭、日用品以外の買い物
  • 病院の入退院・転院などの一時的な利用、など

サービス内容と注意点

前述したように、介護保険適用のタクシーではできなかった利用目的でも相談が可能です。
ただし、介護関連資格を持たない運転手もいるため、身体介助の対応可否など要望に応えられるか事前に確認しておきましょう。

料金の仕組み

介護保険を利用するしないにかかわらず、介護タクシーの料金は
「タクシーの運賃+介助料+車いすや寝台などの介護機器レンタル料金」
で構成されています。
このうち介護保険が適用されるのは介助料のみで、移動にかかる運賃は実費です。また、車いすなどの介護器具をレンタルした場合、その費用も全額実費となります。なお、設定料金は別紙参照。